肝臓

セサミンは20代にも効果ある?

生活習慣病の予防など健康維持に効果があると中高年に人気のセサミンですが、20代から摂りいれることで健康な体を維持してくれます。
現代では運動不足やストレスの多い社会生活の影響によって「次の日も疲れがとれない」という人が増えています。
これは肝臓機能が低下している可能性があります。

肝臓は「物言わぬ臓器」と言われるようにダメージを受けても痛みなどの症状が現れません。
毎日大量の血液から毒素の分解やエネルギーへの変換など、生命維持に必要な働きをしています。
その働きには酸素を大量に消費しているため、活性酸素からのダメージを受けやすい場所でもあります。

肝臓では活性酸素を除去してくれる酵素が作られますが、20代をピークに減少を始めます。
さらに肝臓機能が低下してしまうと酵素を作る力も弱まってしまいます。
増えすぎた活性酸素を除去し肝臓を元気にしてくれるのがセサミンです。
セサミンの抗酸化作用は肝臓に直接働きかける特徴があります。
そのため肝臓機能を回復して、疲れにくく若々しい体を維持してくれます。
またセサミンにはアンチエイジング効果もあるので、20代から摂りいれることで老化防止や美肌作りをサポートしてくれます。