肝臓

セサミンとアスタキサンチン

セサミンと相性のよい成分にアスタキサンチンがあります。
アスタキサンチンは鮭やイクラ、カニ類などに多く含まれている天然の赤い色素です。
最近ではアスタキサンチンを含んだ赤い化粧品も販売されていて人気となっています。

アスタキサンチンにはビタミンEの1000倍という非常に強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を除去してくれます。
これによって免疫力の低下を防ぎ、アンチエイジングによる美肌効果が期待できます。
さらに血中コレステロールを下げる働きもあるので、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病の予防も期待できます。

セサミンはごまに含まれる成分で、肝臓機能の回復や抗酸化作用、悪玉コレステロールを減らし、血圧を下げるなどの効果があります。
セサミンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでより高い相乗効果を得ることができます。

体によい効果のあるアスタキサンチンですが非常に壊れやすいという特徴があります。
この弱点を補ってくれるのがセサミンです。
セサミンの抗酸化作用がアスタキサンチンを守ってくれるのです。
さらに白ごまとの相性がよく一緒に摂りいれると体への吸収率をUPしてくれます
またセサミンとアスタキサンチンを一緒に摂ることができるサプリメントを利用すると、手軽に有効成分を摂りいれることができます。